8月突入!

生徒たちはそれぞれにいろんな予定があるようで、うらやましいundefined

 

今週小学1年生の男の子のレッスンでは、リスニングもしましたがそちらははてなブログにアップしています。

ここではライティングのお話を。

 

英検3級を目指すにあたって、鍵となるのがライティングのスキルです。

今日はライティングトピックに従って書くのではなく、簡単な一文(「今日したこと」)を書いてみました。

 

男の子が書いた文

 

Today I do the math and inglish

 

「きょう算数と英語の勉強をした」と言いたいようです。

 

今回はdoをstudyにすることではなく、時制に注目します。

中学生でも、高校生でも難しい時制の問題。

英語が話せる小学生でも、書くとき話すときに時制を間違えてしまいます。

英検リーディング問題のように、選択肢があれば気づきますが、ライティングなど自分で文を組み立てる際には要注意です。

 

 

doがdidになることを学習しました。(あとは英語のスペルゆう★

 

福岡市中央区薬院にある小さなちいさな英語教室は、絶賛生徒募集中!

小学5年生から高校3年生対象。

小学4年生は応相談。

 

詳しくはメインサイトをご覧ください。→http://yuka.fukuoka.jp

前回の記事で書いたお題を高校1年生にも聞いてみました。

 

Do you think that the government should provide more support for unemployed people?

 

高校1年生のわからなかった単語は、provideunemployedでした。

やはり質問の意味はわかっても、自分の考えを英語でまとめ発表するのは難しいようです。学校でも日常生活でもレッスンでも、英語で話す機会は少ないので、仕方のないことです。
しかしこれから2級、準1級を目指すにあたって、少しずつ慣れて英語での発表もできるようにレッスンをしていきたいと思います。
これはライティング問題のトピックですが、まずは話をして考えを引き出します。
小学生よりかは考えを誘導せずとも、ポツポツと出てきました。
「国が仕事を作る」
仕事はどんな仕事か、その人たちにできる仕事なのかと質問をします。
「専門ではない、技術を問わない誰にでもできる仕事」
この辺りで時間が来てしまったので、次回もう少し掘り下げて、自分の出した考えを文字で、パラグラフで書きたいと思います。
この生徒は準2級に合格したので、ほんとうは2級のライティングトピックを使うべきでした。
これを終わらせたら2級のトピックを中心に練習していきます。
福岡市中央区薬院にある小さなちいさな英語教室は、絶賛生徒募集中。
小学5年生から高校生対象。
詳しくはメインサイトをご覧ください。→ http://yuka.fukuoka.jp
ご連絡もメインサイトからどうぞ。

小学5年生の生徒が今月行われた英検2級二次試験に合格し、生徒自身も準1級を目指したい意思があるようです。

2級から準1級は大変大きなレベルの差があります。TOEICとは違って、長文の読解力と知識量も必要になり、準1級は内容が高校生以上向けなので、英語以外の面も学習する必要があります。

単語やライティングは勉強する機会がゆか先生以外のところでもあるみたいなので、英語力以外のところを一緒に強化していけたらと思っています。

 

先週のレッスンでは、普段のLanguage ArtsとReadingのプリントをした後、準1級の過去問のライティング問題からトピックを拝借し、生徒の考えを聞き出してみました。

 

トピックは、

 

Do you think that the government should provide more support for unemployed people?

 

です。

わからなかった単語は、governmentunemployedでした。

ここでgovernmentを政府とか行政と言っても、小学5年生は理解しません。(社会科の教科書が欲しい)

unemployedはemployedと対比してどんな状態かを説明し理解します。

単語の説明をした上で、再びトピックを読みますが、やはり小学5年生には想像がわきません。ゆか先生だったら中学3年生、いや高校生のときでも自分の意見をまとめられないだろうな・・・。

 

まずは自分が大学を出て仕事が見つからなかったときのことを想像します。

「お金がない」「食べるものに困る」「持っているものを売る」「裸になる」という意見が出ました。

大人になったときのこともまだ先で、もっと身近に感じたほうがいいかと、お父さんお母さんに仕事がなくなってお金がなくなって、食べるものに困って持ち物を打ってそれでも何もなくなったらどうするかと聞いてみました。

 

ここからは小学生らしい面白い答えが返ってきました。

「募金してもらう」「お友達を頼る」「悪いことして警察に行って食べ物もらう(カツ丼的イメージセリザワさん)」

ここで、募金であれば働かない人にお金をあげるのを嫌がる人もいるだろうし、友達も永遠には頼れないし、警察もちょっと悪いことをしても2、3日程度だろうことを言いました。そして国からの支援があったらいいと思うかと再び問いました。

「支援でお金をもらったら返さないといけないよね」という疑問が出たので、現在実際に生活保護という公的扶助制度があることを話しました。(今ググってみたら返金義務があるらしい。知らなかった。)

 

税金のちょっとした仕組み(消費税と所得税)のお話もしてから、トピックの答えとして出したのは、No.となりました。

 

引き出す答えをfixするのではなく、生徒自身の考えが出せるように、主観や一つの観点からではなく、客観的に多方面からの観点を紹介できるようにしたいです。

準1級の過去問だけでなく、同レベルのトピックをネット記事などからも探し、社会問題に触れ、自分の意見を持ち、人に伝え、人の意見を聞き討論するところまで持っていけたらと思っています。

 

会話はほとんど英語でのやり取りです。

 

福岡市中央区薬院にある小さなちいさな英語教室は、絶賛生徒募集中です!

小学校5年生から高校3年生が対象です。

小学4年生以下は応相談。大学生・専門学校生・短大生の英検、TOEIC対策も承ります。

社会人・大人のレッスンは受け付けておりません。

 

詳しくはメインサイトhttp://yuka.fukuoka.jpへどうぞ。

メールフォームからご連絡ください。

今の中高生は従来型の日本の英語教育に沿った勉強の仕方ですが、小学生以下は違います。

私立の小学生ばかりで学校でも英語を学んでいることもあり、レッスン中は基本英語です。

レッスンを何語で行うかが問題なのではなく、どう進めていくのかに悩んでいるところです。

 

一見英語が好きで、週1回のレッスンでは覚えられることも限られてくるので、宿題を出そうとプリントに書き込もうとするのですが、プリントにゆか先生が書き込むのも嫌い、宿題が出るのも嫌いで、すべてを拒否をします。

ちょうどイヤイヤ期みたいなお年頃なのだと思いますが、どう説得してみてもダメでした。

 

自分の英語力ももっと磨いていきたいですが、心理学を含む諸々を本格的に勉強したいと思いました。日本のとある通信教育でむかーし学びましたが、時代を見据えた勉強もしていかんと。

 

福岡市中央区薬院にある小さなちいさな英語教室は、絶賛生徒募集中!

小学5年生〜高校3年生対象。

小学4年生以下は応相談の上、考慮致します。

大学生、短大・専門学校生も応相談。

社会人・大人の生徒は募集しておりません。

またブログの更新が滞る・・・。

暑くてボルテージもだだ下がり。

 

レッスンは楽しくやっておりまーす。

 

今月は英検もひと段落し、定期試験も終わり、これまでの内容を理解しているか、覚えているか、復習する月としてレッスンを計画しています。

高校生もちょっと易しめの読み物で、単語と文法のおさらいをしたり、中学3年生は1年生の内容に再び戻って、BE動詞と一般動詞の区別はついているか、疑問詞、進行形、受動態の理解はできているかを復習します。

 

重点を置いて復習したいのは、

 

some, any, every, no, many, other

 

の単語群です。

中学生だけかと思ったら高校生もよく理解できていない模様・・・。

 

福岡市中央区薬院にある小さなちいさな英語教室は、随時生徒募集中!

小学5年生から高校3年生が対象

詳しくはメインサイトを御覧ください。→ http://yuka.fukuoka.jp


ゆか先生のメインサイト

http://yuka.fukuoka.jp

小学5年生〜高校3年生の生徒随時募集中
小学4年生以下は応相談

Profile

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected Entry

Archive

Search

Other

PR