好奇心旺盛で関心ごとの多いお兄ちゃんと、慎重派で几帳面なお姉ちゃんとは対照的に、好きなものがとくになく勉強にも関心のない中学1年生の女の子。小学3年生ころからレッスンに通ってくれています。

レッスンを受け始めたころは中学年らしく元気いっぱいで、英語にもそんなに興味はなかったみたいです。お姉ちゃんの小学校のころもそうでした。お姉ちゃんはおとなしかったですね〜。
中学生になり1年間ももう終わるいま、英語や勉強に対してやる気が出てきたようです。

同級生の勉強に対する姿勢や家族の助言に影響されて、英検を受けようと思うと宣言しました。
学年末試験では、英語は良い点数を取ることができましたが、学年末の前に行われた習熟度テストの結果が返ってきて、英語の成績が良くなかったようです。この習熟度テストで、どの高校に行けるか行けないかという目安になり、先生との面談で、お兄ちゃんやお姉ちゃんの高校には行けないねと言われたとのこと。

学校内の試験で良い点数が取れるのは、いくつか理由があると思います。
まずは試験内容が授業で使っている教科書のみから出題されるということ。単語も覚えこんだ単語しか出ません。
そして、先生の作るテスト形式に慣れてきたということも考えられます。

習熟度テストも学力テストも外部が作っているテストは、学習した範囲で作成されているわけですが、不器用な生徒は「習ってない」と言って、勉強の仕方もわからないようです。本人曰く学年末テスト前まではやる気がなかったので、2年生になったら頑張るそうです。
勉強の仕方も大事ですが、それ以上に大事なのは本人のやる気。
5科目の中でこれから英語を得意科目にして、頑張ろうと意欲が出ています。

思い込みが強かったり、こだわりや固定観念がやや強いところが、勉強に影響を与えているのかもしれません(お兄ちゃんと性格が似ています)。しかしレッスン態度はすこぶる良く、ゆか先生の発言を聞いてメモを取る力もあります。

英語を極めた高校受験を視野に入れています。
英語科コースの受験になるかはわかりませんが、もしそうなったとしても無理ではない英語力をこれからつけないといけません。
目標は準2級です。もうすぐ中学2年生になりますが、まだ間に合います。レッスンプランをこの生徒向けに作ります。

勉強をしろと(だけ)怒る親も多いですが、客観的に子供の向き不向き、性格を見てあげるのも親です。
勉強が出来て、成績がよくてほめられるのは学生の間だけです。学生の先を見ているのかいないのか、就職活動をすることを考えていないのか、不思議に思うことがよくあります。大学を出ておけばすぐに内定をもらえると信じているのかもしれません。

早いうちから得意分野、強み、長所を知り、人より強固なものにしていけば、就職活動も延々とかからないかもしれません。

1

ゆか先生のメインサイト

http://yuka.fukuoka.jp

小学5年生〜高校3年生の生徒随時募集中
小学4年生以下は応相談

Profile

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected Entry

Archive

Search

Other

PR